2018年 6月 の投稿一覧

罫線を設定する VBA マクロ 格子

表の設定などで必要になってくる罫線の設定

 

わざわざマクロの記録をして罫線を設定して、

モジュールから登録されたマクロを確認して、、

やたら長ったらしいコードから必要なコードをみつけて。。。

なんてめんどくさい!って思いますよね。

 

 

そんな時には

Borders コレクション の Linestyle プロパティ

を使用しましょう♪

種類は下記の通りです。

名前 説明
xlContinuous 1 実線
xlDash -4115 破線
xlDashDot 4 一点鎖線
xlDashDotDot 5 ニ点鎖線
xlDot -4118 点線
xlDouble -4119 2 本線
xlLineStyleNone -4142 線なし
xlSlantDashDot 13 斜破線

= True にしても格子罫線を引けます。

 

格子罫線を外す場合は

 

= False

 

にすれば外せます。

Boldersオブジェクトの引数には

xlBordersIndex クラスの

xlDiagonalDown  左上隅から右下への罫線

xlDiagonalUp  左下隅から右上への罫線

xlEdgeBottom  下側の罫線

xlEdgeLeft  左端の罫線

xlEdgeRight  右端の罫線

xlEdgeTop  上側の罫線

xlInsideHorizontal  範囲外の罫線を除く、範囲内のすべてのセルの水平罫線

xlInsideVertical 範囲外の罫線を除く、範囲内のすべてのセルの垂直罫線

 

で指定できます。

 

 

ではでは♪

定数のみを選択する VBA マクロ

久々の投稿です。

 

ネタはたくさんあるんですが、更新する時間がとれず。。

 

ってことで今回のネタ 「定数のみを選択するマクロ」

 

金額のリストや計算書では手入力セルとシート関数セルがありますよね。

週次の計算の更新をするために、

この手入力セルとシート関数セルをわけて消すのも面倒ですよね。

 

そんなときに使える

 

Range.SpecialCells メソッド

 

セルの取得とは言っても、たくさんの取得種類があります。

 

XlCellType 定数
xlCellTypeAllFormatConditions 表示形式が設定されているセル -4172
xlCellTypeAllValidation 条件の設定が含まれているセル -4174
xlCellTypeBlanks 空の文字列 4
xlCellTypeComments コメントが含まれているセル -4144
xlCellTypeConstants 定数が含まれているセル 2
xlCellTypeFormulas 数式が含まれているセル -4123
xlCellTypeLastCell 使われたセル範囲内の最後のセル 11
xlCellTypeSameFormatConditions 同じ表示形式が設定されているセル -4173
xlCellTypeSameValidation 同じ条件の設定が含まれているセル -4175
xlCellTypeVisible すべての可視セル 12

 

今回は定数を取得するので、xlCellTypeConstants となります。

サンプルは下記です♪

定数は消えて、数式は残ります。

Sub SelectType()
Cells.SpecialCells(xlCellTypeConstants).Select
Selection.ClearContents
End Sub

 

 

ではでは♪