外枠罫線を設定する マクロ VBA 外枠

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の投稿では罫線を設定するマクロを紹介しました。

http://kimama-vba.com/2018/06/28/borders_vba_macro_lattice/

 

今回は外枠の設定方法について投稿します♪

Bordersプロパティとは違い、

 

BorderAround メソッド

を使用します。

 

パラメーター

名前 必須 / 省略可能 データ型 説明
LineStyle 省略可能 バリアント型 (Variant) XlLineStyle クラスの定数のいずれかで、罫線の種類を指定します。
Weight 省略可能 XlBorderWeight 罫線の太さを指定します。
ColorIndex 省略可能 XlColorIndex 罫線の色を現在のカラー パレットのインデックス番号または XlColorIndex定数で指定します。
Color 省略可能 バリアント型 (Variant) 罫線の色を示す RGB 値を指定します。
ThemeColor 省略可能 バリアント型 (Variant) テーマの色を現在の配色テーマのインデックス番号または XlThemeColor値で指定します。

 

外枠罫線は Weight の xlMedium とすれば太枠の外枠罫線となります。

 

サンプルコード

B2からC5まで外枠罫線を引きます。

 

ではでは♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*