行を削除してもエラーが起きない関数の組み合わせ 関数 ワークシート関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまには趣向を変えて関数の投稿をしたいと思います。

 

今回はVlookUp関数についての投稿です

 

表のマッチングでよく使うVlookUp関数

 

マクロを使えない頃私はよくお世話になってました。

 

非常に便里なVlookですが、

 

参照元の表の行を削除するとエラーで崩れてしまいます。

 

そんなときには、

 

VlookUP + Offset関数 を使うべし!

 

サンプルコードは添付をご覧ください。

入力シートにはIDとサンプル関数・リスト一覧があります。

サンプル関数をよくご覧になって参考にしてください。

 

 

サンプルコード(Vlookup+Offset)

 

Offset関数は基準セルからの高さが肝心!

 

 

とは言ってもマクロを使えばイチコロですが☆彡

 

この入れ子の構造がわかればマクロを学ぶとき、大きな助けになります♪

 

ご質問があればなんなりと♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*