SUBSTITUTE関数とREPLACE関数の違いは? エクセル関数 シート関数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どちらも置換という関数で似ていますね。

ワークシート関数でどのような違いがあるかご紹介します。ちなみにマクロを使っていてもReplace関数は結構使います。

私自身、この二つの関数を知ってはいたものの、違いがわかるまで何度も何度も検証をしましたw

みなさんに共有するためにまずどう違うのかと一言で表すと、

SUBSTITUTE → 替え玉

→指定した文字を置き換える文字にする

REPLACE → 代替え

文字列の中の何番目から何番目までの文字を置き換える文字にする

 

例えを挙げます

A1セルに ランニングはジョギングではない という文字がある場合

Replaceを使う場合

=REPLACE(A1,7,5,”ウオーキングではない”)

5行目から置換していることに注目

 

Substituteを使う場合

=SUBSTITUTE(A1,”ジョギング”,”ウオーキング”)

置換対象文字列を置換対象文字列にするということに注目

 

Replaceは何文字列以降を指定の文字列に置換

Substituteは対象の文字列を指定の文字列に置換

ってな感じになります。

まずはいじってみて確認してみるのが理解の第一歩かと思います。

 

サンプルを添付します。興味があればご確認ください♪

repace,substitute違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*