オートフィルターの設定・解除をする マクロ VBA オートフィルターがあるか(設定されているかされていないか)調べるマクロ VBA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートフィルターの設定のショートカットキーに引き続き、

マクロでオートフィルターを設定・解除する場合についてご紹介します♪

 

まずは設定する方法について。

ややこしいですがオートフィルターには、

Autofilterオブジェクト と Autofilterメソッド があります。

違いとざっくりな使い方は下記の通り

 

Autofilterオブジェクト →  Worksheetオブジェクトに属している

オートフィルターが設定されているかされていないかの判定ができます。

 

Autofilterメソッド→ Rangeオブジェクトに属している

オートフィルターの設定と解除ができる

上のようなリストのラベルにオートフィルターを設定する場合下記のマクロで設定できます。

ただし、Autofilterメソッドでは設定と解除しかできません。

なのでオートフィルターを設定したままにしていたい・解除したままにしていたい時、

マクロ全体の処理がうまくいかない可能性があります。

 

そんな時にAutofilterオブジェクトを使用します。

Autofilterオブジェクトでオートフィルターがあるかないかを判断できます。

 

オートフィルターを設定したままにしたい時は下記サンプルをご確認ください。


※オートフィルターを設定させたくない場合は

If Not Labe Is Nothing Then

とすればオートフィルターを解除させたままにできます。

 

サンプルファイルも添付しておきます♪

オートフィルターサンプル

ではでは(‘ω’)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*