Vlookupより便利な関数 Index関数とMatch関数の組み合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VlookUp関数はみなさんよく使われる関数かと思います。

セルの表示形式をそろえて参照や列が間違えてなければきちんと表示されますね。

ただし、VlookUp関数の弱点は参照するコードやリストが右側にあると機能してくれません。

下記のリストです。

1行目はVlookUp関数を使用してますがエラーですね。こういうリストを使用する際には

2行目のIndex関数+Match関数を使用しています。

二つの関数が入れ子にされて覚えづらいかもしれませんが覚えれば非常に便利です。

 

ざっくり簡単に説明すると下記のようになります。

Index関数=(参照範囲,行番号,列番号)の値を返す。

Match関数=(調べる値,調べるもしくはの範囲,一致条件)が何番目にあるかを(数値で)返す

※Match関数は1つの行もしくは1つの列の範囲しか選択できません。

 

Index関数+Match関数Index(参照範囲,Match(調べる値,調べる行範囲,一致条件(上記のリストでは完全一致)),列番号)

Match関数で行番号を調べています。

画像のリストでは調べる列が1列しかないので列番号は1となります。

 

調べる列が2列以上ある場合、=(Index関数+Match関数+Match関数)という式になります。

 

関数やVBAは見ているより手を動かしたほうが上達も早いです。

まずは手を動かして実践をして覚えていきましょう♪

 

ではでは♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*