マクロの処理速度を調べる Time関数 ループの処理速度を比較する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクロの処理速度って地味に気になりますよね。

簡単な処理なら一瞬ですが、分岐やループの長さ等により徐々に遅くなります。

処理時間を調べるにはTime関数を使用します。

 

ちなみに私は

For NextでA列の1行目から最後の行(1,048,576)w  まで行番を割り当てる処理を計測しました。

マクロを実行させたらフリーズしました!ショック!

と思いきや、8分3秒で処理できましたww

是非みなさんも1行目から最後の行まで処理計測をしないことをオススメしますw

 

サンプルは1行目から5000行目まで行番を割り当てる処理の処理時間を調べるマクロです。

最後の行までではないので安心して確認してみてくださいw

ちなみにこれは2秒で処理されましたw

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*