WorkSheet Changeイベントの活用方法 シートチェンジイベント シートイベントシリーズその2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WorkSheet Changeイベントの活用方法として挙げられるのは、

特定のセル範囲に対しての処理です。

 

例えば、

このセル範囲の

・任意の文字列しか入れられないようにしたい

・日付や数値しか入れられないようにしたい

・桁数を制限したい

etc…

 

Changeイベントではこのような問題を解決できます。

 

そんなわけで今回も引き続き第二弾としてChangeイベント使用例として、

セルA1からA10 の範囲内で、入力したセルの文字列が ”気まま” なら赤く塗る

という処理をご紹介したいと思います♪

まずは準備をします

 

Changeイベントで最も重要なメソッドがあります。それは、

Intersect メソッド です。

特定の範囲に指定したセルが被っているか、被っていないかを調べることができます。

 

サンプルコードを下記にご紹介します。

 

ではでは ちゃんと処理するかを確認します。

まずは処理対象範囲内のセルA1に ”エクセル” と入力します。

何も起きてないので問題ないですね♪

 

では本命の ”気まま” ではどうでしょうか

きちんと赤くなってくれました♪

 

こんな感じで特定範囲のセルの処理をすることができました。

というわけでChangeイベントは何かしら大活躍します。

是非皆さんも
Changeイベントをご活用あれ♪

ではではヾ(@⌒ー⌒@)ノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*