Kintone Excel 連携 キントーン レコードの取得・登録・更新・削除 マクロ VBA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業務改善のプラットフォームとして最近Kintoneが熱いですね

 

業務の運用や連携でExcelからKintoneへのレコードの取得・登録・更新・削除はやはり便利♪

 

Kintoneのインターフェースは

Cybozu Developer networkに詳細が記載されています

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/202331474#step2

 

実際にマクロで連携するにはどうすればいいのか?

今回はざっくりと取得・登録・更新・削除についてご紹介したいと思います♪

取得・登録・更新・削除の詳細については後ほど記事のUPをしたいと思います!

 

下記の参照設定が必須になり、扱える前提としてお話します

・Microsoft Xml, Ver6.0

・Microsoft Scripthing Runtime

・VBA-JSONlib

下記リンクからダウンロード可能です

https://github.com/VBA-tools/VBA-JSON

他にもJson作成のためのクラスモジュールが色々ありますが、VBA-JSONlibで充分事足ります。

VBAのJscriptは32ビットのみ対応なので使用するのは現実的ではないです

 

取得・登録・更新・削除どの連携もパスワード認証もしくはAPI認証が必要です


★レコードの取得

2019/12/15時点ではレコードの一括取得は500件可能です

クエリ検索可能です 詳細はDevNetで確認ください!

 

コード作成の手順

Xmlで認証 ⇒ GET ⇒ ResponceTextをJSONで解析 ⇒ セルに反映

詳細はコチラ!

 

★レコードの登録

1度に登録できるのは100件まで

登録できるとレコード番号が返される

100件以上の登録の場合は再帰呼び出し

 

コード作成の手順

登録するレコードのJsonを作成 ⇒ XmlでPOST ⇒ 必要であればResponceTextをJSONで解析 ⇒ 必要であればレコード番号をセルに反映

詳細はコチラ!

 

★レコードの更新

1度に更新できるのは100件まで

更新対象のレコード番号が返される

更新するための対象のレコードIDが必要

100件以上の登録の場合は再帰呼び出し

 

コード作成の手順

更新するレコードのJsonを作成 ⇒ XmlでPUT ⇒ 必要であればResponceTextをJSONで解析 ⇒ 必要であればレコード番号をセルに反映

詳細はコチラ!

 

★レコードの削除

1度に削除できるのは100件まで

削除完了すると{}が返される

削除対象のレコードIDが必要

 

コード作成の手順

削除するレコードのJsonを作成 ⇒ XmlでDEL

詳細はコチラ!

 

かなりざっくりですがこんな感じですw

詳細は各々の記事を読んでください!

 

他にもフィールドコードとかいろいろありますがKintone系のブログではないのでここでは紹介しませんw

実装してみましたが簡単ではなかったですw

Json作成・解析が面倒ですね。Dictionaryを理解していないと実装できないなぁと思った次第です

一度実装してコツを掴めばイメージがつきやすくなります

ではでは♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*