Dir関数でフォルダ内のファイル名を取得する

入門者向けにDir関数がよく紹介されていますが、

実践向きなコードを紹介されていないなぁと感じたので書いてみました

ちなみに個人的にはDir関数は使いません。FSOを使ってます

 

サンプルコードは下記♪

指定フォルダ内のエクセルファイルを開くというマクロです

 

ではでは♪

SubプロシージャとFunctionプロシージャの違いは?

入門時点だとSubプロシージャとFunctionプロシージャの違いってわからないと思います。

 

基本的には

返り値を返すのが Functionプロシージャ

返り値を返さないのがSubプロシージャ

でよいかと思います♪

 

違ってたらごめんなさいw

どちらを使うべきかというと処理によりますし、どちらが良いも悪いもないですw

 

ではでは♪

ebay FileExchange 出品済の画像の変更はできない!

FileExchangeは便利で強力なツールですが

残念なことに私が知っている限り出品済の画像の変更はできないです。。。

できる場合、ぜひ教えてください^^!

 

もちろん新規出品時のURL画像の指定は可能です♪

 

 

エクセルマクロで 標準表示・改ページプレビュー・ページレイアウト表示 マクロ VBA

エクセルマクロで表示の切り替えをしたい場合、

下記手順でサクッと表示の切り替えができます♪

 

ActiveWindow.View = xlNormalView’標準ビュー
ActiveWindow.View = xlPageBreakPreview’改ページプレビュー
ActiveWindow.View = xlPageLayoutView’ページレイアウトビュー

 

実務で私は使ったことありませんがw

ではでは♪

ebay FileExchange × Excelマクロ

ブログの新カテゴリとして、ebayのFileExchangeについて記事を上げて行きます♪

 

私はというと本業+副業でebay輸出をしています♪

 

ebayで出品するにあたってFileExchangeは避けて通れないです!

 

しかし、FileExchangeを理解すればやはり強力!!

これまで圧倒的に時間がかかっていた出品作業がサクッと終わります

 

 

そしてExcelマクロとの相性がまた抜群に良いです!

私はカスタマイズしづらい月額ツールより、自分に合わせたカスタマイズを行い、

新規出品・ラベル印刷・発送・フィードバック通知をマクロを活用し、FileExchangeを使用しています

 

また、ebayAPIを用いてSoldデータをマクロで取得し活用しています

汎用性の高い、みなさんでも活用できるレベルのツールとなれば有償公開も考えています

 

今後はマクロの情報を共有しつつ、FileExchangeの活用方法もアップしていきたいと思います

 

ではでは♪

 

セルを折り返して全体を表示させない! マクロ WrapText セルを折り返して全体を表示させる! エクセルマクロ VBA

セル内に改行があるとEnterのたびに全体が折り返されると面倒ですよね~

 

下記のコードで全体表示の制御ができます♪

 

折り返し表示をOn!

Activesheet.Range(“A1”).WrapText = True

折り返し表示をOff !

Activesheet.Range(“A1”).WrapText = False

 

入力時点で制御したい場合は シートイベントを活用しましょう♪

 

ではでは♪

ウィンドウ枠の固定!ウィンドウ枠の固定を解除する エクセルマクロ VBA

新しいシートを作成してウィンドウ枠の固定を行いたいときには

 

1,固定したいセルを選択する

 

2,ActiveWindow.FreezePanes = True  を設定する

 

上記2つの手順です

アクティブウィンドウに対しての処理となるので、

固定したいブック・シートをアクティブにし、セルを選択しなければ枠の固定ができないのが特徴です

 

解除する場合、

 

解除するブック・シートを選択した上で、

 

ActiveWindow.FreezePanes = False’ 枠の解除

 

です♪p

 

2行でできるので簡単ですね!

 

ではでは♪

エクセル エラーメッセージ 修復されたレコード ブックの破損 読み取れなかった内容を修復または削除 パーツ内のビューを防ぐには?

 

たまに発生するブックの破損^^:

原因不明のエラーが発生することってありますよね

 

私の知る限りの上記のエラーの原因は2種類です

 

①マクロで並び替え時にソート解除をしていない

ソート解除のコードを追加しましょう♪

テーブル機能でも同様にソート解除を追記しましょう

②ショートカット先のブックのバージョンが違う

共有ファイルのショートカットは原本ブックのバージョンが変わると破損することがあります

共有ファイルのショートカットの使用はできるだけ控えましょう!


現状私のしっているエラーの原因はココまでです

また情報があったら更新したいと思います♪

 

ではでは♪

セル内の改行を削除する VBA マクロ エクセル 改行コードの削除

エクセルの仕様で改行コードのあるセルでエンターを押すと自動で折り返し表示されてしまいますよね^^;

 

改行コードを削除してテキストで表示させるには改行コードを削除する必要があります

サンプルコードは下記

結果はこんな感じ♪

   →   

Replace関数便利すぎ♪

 

ではでは^^