Kintone Excel 連携 キントーン レコードの更新! VBA マクロ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はKintone × Excel 連携 レコードの取得・登録・更新・削除 マクロ VBAでお話した

 

Kintone × Excel 連携のレコードの更新についてご紹介します♪

下記の参照設定が必須になり、扱える前提としてお話します

・Microsoft Xml, Ver6.0

・Microsoft Scripthing Runtime

・VBA-JSONlib

 

■レコードの更新にはレコードIDが必要になります。

■更新したいレコードIDを取得する もしくは取得してから更新する処理になります

■一括更新は100件まで 100件以上は再帰呼び出し

 

更新対象のリストイメージ  Nameの項目を更新する処理を行います

 

早速更新するためのソースコードをご紹介します

※100件以上の更新はない前提のコードです

 

かなりざっくりですが、

1、変数 Json でJson形式の外側を作成 (app, records)

2、行ごとに外側の変数Jsonに更新対象のJson形式を追加(id, value)

3、作成したJsonをXmlでPUTする

 

こんな流れになるかと思います。ざっくりしすぎ?w

 

1と2をクリアできればあとは更新するだけです

1と2が抽象度が高いので難しいと思いますが^^;

 

JSON形式を作成することができればWEB連携の幅も広がると思います

ではでは♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*